1. TOP
  2. 医師主導治験
  3. 治験届における、事前届出事項を届出る時期とは

治験届における、事前届出事項を届出る時期とは

 2019/01/10 医師主導治験  

治験届の内容に変更が生じると、PMDAに治験計画変更届書を提出する必要があります。

しかし、変更する内容・項目によっては、事前変更が必要なものや、6ヶ月おきにまとめてで良いものなどがあり、判断しかねるのではないでしょうか。

今回は治験届における、事前届出事項の届け出る内容・時期について、ご紹介します。

治験が進行してしまうと、見落としがちになるため、一度確認しておきましょう。

治験に関する参考図書を準備しておくとよりスムーズです。

治験届において、事前届出が必要な事項とは

治験計画変更届を提出するタイミングは、5つあります。

  • 治験責任医師を変更する時
  • 治験調整医師を追加する時
  • 実施医療機関を追加する時
  • 治験計画届書の記載事項に変更があった時
  • 多施設共同治験で、既に治験が終了した施設を削除する時

中でも、治験責任医師の変更、治験調整医師・実施医療機関の追加については、原則、変更前に届け出る必要があります。

理由は、治験の実施に影響を与えるからです。

事後に変更する事項については、「医師主導治験の6ヶ月ごとに提出する治験変更届書について」に詳しく書いています。

治験届において、事前届出事項を届出る時期とは

では、事前届出事項はいつまでに届け出なければいけないのでしょうか。

事前変更事項を届出る時期
治験計画届書に変更が生じると決まった後、変更後の内容で実際に治験を開始する前に、治験計画変更届書を届け出ること。

この治験計画変更届書の届出は、必ずしも変更事項について治験審査委員会の審議を経たあとである必要はありません

たとえば、治験実施医療機関の追加については、すでに治験が開始されている状況である場合が多いです。

追加施設での治験審査委員会の承認が得られれば、すぐにでも治験薬・治験機器等が搬入可能となり、いつでも、治験が開始できる状況になります。

そのため、治験審査委員会の審議を経る前に、治験計画変更届書を提出しておきます。

その際、変更日は、IRB承認日ではなく、届出提出日を記載します

まとめ

今回は、治験届における、事前届出事項について説明しました。

事前届出が必要な項目と届出時期について、理解できたのではないでしょうか。

なるべく、遅延理由書などを提出しないようにしていきたいものです。

万が一、遅延理由書が必要となった場合は、「医師主導治験でPMDAに遅延理由書を添付するのはどんなとき?様式は?」に詳しく書いていますので、参考にされてください。

医師主導治験の流れと注意点について知りたい方は、「医師主導治験の流れ・注意点をわかりやすく解説」の記事に詳しく書いています。

\ SNSでシェアしよう! /

医師主導治験進め方のポイントや問題点に触れ、実体験を元に改善策を考えていくサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

医師主導治験進め方のポイントや問題点に触れ、実体験を元に改善策を考えていくサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
医療機器の臨床試験に関する相談(個人)

こちらは、医療機器の臨床試験に関する相談(個人)の申し込みページです


聞きたくても、今さら上司や同僚に聞けない疑問や、仕事上のミスを減らしたいが職場には相談しにくい、など人それぞれ違う悩みを持ち合わせています。

そこで、今回は、あなたが抱える困りごとを一緒に考えて良い結果を出していくための相談セッションを設けることにしました。

個別相談でできること



  • モニタリング報告書の添削

  • CRAとして企業に派遣される際の注意事項

  • 普段の仕事の相談

  • 今更上司に聞けないこと

  • コーチングセッション(月2回がベストです)

  • 安全性情報に関する取り扱い

  • 転職相談

  • 職場の悩み相談


本サービスの特徴



  • 1セッション30分

  • 1ヶ月に何度でも受けられます

  • 始めたい時にスタートし、いつでもやめられます

  • 定額支払いのため、回数を気にせず相談できます

  • 医療機器の臨床研究、特定臨床研究、医師主導治験、企業治験等の専門的な相談ができます

  • 社内で解決できないことに対する相談ができます

  • 格安でコーチングを受けられます

  • 転職や副業で給料upの秘訣をお話しできます


本サービスはこんな方に向いています



  • CRA

  • 転職希望者

  • コーチング希望者

  • 今さら聞けないことがある方 など


本サービスのメリット・デメリット


メリット



  • いつでも相談できるという安心感による効果

  • 今さら聞けないことを恥じることなく聞ける

  • 専門的な仕事の相談ができる

  • 必要な時に何度でも相談ができる

  • やめたい時に、いつでもやめられる

  • 同僚より知識が豊富になる

  • 予約枠が多いので予約が取りやすい

  • 最新の治験情報を聞ける


デメリット



  • 相談回数が少なくても金額が変わらない

  • 特殊な医療機器に関する質問なため対応が不十分


特典


初月無料は、人数を制限してスタートいたします。

残り3名になりました。

相談の流れ


基本的に予約にはLINEを使います。

セッションにはzoomを使います。

  1. 下記より申込み

  2. LINE登録

  3. お支払い

  4. セッション開始


※初月の引き落としはありません。2ヶ月目から自動でクレジットカード払いになります。

 
申し込む

ライター紹介 ライター一覧

崎久保準子

臨床研究/治験運営コンサルタント兼安全管理責任者
今までの自身の経験から、PMDAサイトをベースに治験に関する情報を提供しています。
過去の経験:企業治験6件・医師主導治験・製造販売後調査・安全管理責任者・薬事・品質管理・製造販売業許可/製造業登録業務・治験調整事務局・看護師国家資格・手術室・脳外科・心カテ/手術立会い・医療機器GCP・ISO14155

コメント

  1. 毛利光子 より:

    多施設共同の国際共同の医師主導治験を実施中の1つの医療機関において、医療機関IRBに、治験終了届を提出し治験を終了しました。そして、海外のリードグループへも、この医療機関の治験終了(Wtithdrew)を届け出て承認されました。治験届は、全ての医療機関において治験が終わった際に医療機関での治験終了を届け出る予定のため、そのまま変更していません。

    それから数か月経過した今になって、海外グループへの手続きの関係で、再度、この医療機関を再開(reopen)せざるを得ない状況になってしまいました。医療機関IRBにおいて再開が承認された場合、治験届上で何か検討することがありますか?中断期間の数ケ月の変更事項は、情報を入手した再開時を基点として、変更届を提出することで、問題ないでしょうか?

    1. 崎久保準子 より:

      お問い合わせありがとうございます。
      いただいたご質問の回答としましては、被験者の安全や治験の成績に影響を及ぼす事項に該当しないかを説明できるようにしておく必要があります。また、その説明を持って、事前にPMDA審査マネジメント部にご相談されることがよろしいかと存じます。

コメントを残す

*

関連記事

  • 医師主導治験 GCPや通知等リンクまとめ

  • バーチャル治験とは 〜遠隔でも臨床試験が進む理由〜

  • 医師主導治験におけるモニタリング担当者の注意点とモニタリング報告書作成のポイント

  • 医師主導治験における監査で注意すべき点 〜オーディットの手順書やチェックリスト〜

  • 医師主導治験でPMDAに遅延理由書を添付するのはどんなとき?様式は?

  • 医師主導治験で事前に知るべき治験保険の知識と被験者補償のための確認事項