1. TOP
  2. 医師主導治験
  3. IRBへの治験終了報告およびPMDAへの治験終了届を提出するタイミングとは

IRBへの治験終了報告およびPMDAへの治験終了届を提出するタイミングとは

 2019/01/10 医師主導治験  

治験の開始と共に気になるのが、治験の終了ではないでしょうか。

治験終了の時期や提出書類等については、治験開始時に比べて、情報が非常に少ないです。

今回は、治験終了〜治験終了届を提出するタイミングについてご紹介します。

あらかじめ、治験開始から治験終了までの流れを意識し、治験全体を俯瞰しておきましょう。

医師主導治験の流れと注意点について知りたい方は、「医師主導治験の流れ・注意点をわかりやすく解説」の記事に詳しく書いています。

治験終了に向けて、治験実施医療機関での流れを把握しておく

まずは、治験終了に向けて、終了時の流れを説明します。

下記の4事項が完了したら、各治験実施医療機関ごとに、IRBへ治験終了報告書を提出することが可能になります。

  1. 全症例の症例報告書のデータが固定され、新たなデータ修正等が発生しないこと
  2. 全症例報告書に、治験責任医師の署名があること
  3. 治験薬または治験機器等が医療機関から回収されていること
  4. 治験実施医療機関の監査が行われていること(必要時)

IRBに提出する治験終了報告書に記載する事項

IRBに提出する治験終了報告書には、主に有効性、安全性、GCP遵守状況を記載します。

それぞれの記載内容については、参考までに下図をご覧ください。

なお、二重盲検試験のために、現段階で結果が記載できない場合は、「盲検試験のため評価できず」と記載しておきましょう。

脱落および中止症例については、理由も記載します。

IRBで治験終了報告後に発生する業務

治験終了で発生する業務はいくつかあります。

  • 回収データの統計解析
  • 総括報告書の作成
  • 総括報告書の監査
  • 必須文書や書類の保管
  • 必須文書の監査

ここでは、治験終了のための作業チームを結成しておくことをおすすめします。

統計解析や総括報告書の作成について、あらかじめ外注している場合でも、外注任せにすると、なかなか完成しません。

作業チームとして、外注先窓口を決めておきましょう。

必須文書や書類の保管については、継続して保管する必要があるため、担当者と保管場所を決めておきます。

治験に関する記録は、下記のうちいずれか遅い日まで、保管が必要です。

  • 治験薬や治験機器について製造販売の承認を受ける日
  • 治験の中止または、終了後3年を経過した日

また、製造販売承認を受けた際の保管書類移管について、あらかじめ治験薬または治験機器提供者と契約しておきます。

書類の不備については、監査の際に、必ず指摘されます。

そのため、100%の精度を目指して、作成・保管・管理しましょう。

PMDAに治験終了届書を提出するタイミング

治験終了届書は、以下の2点が完了していれば、PMDAに提出可能です。

  1. 被験者への対応が全て終了していること
  2. 治験薬または治験機器等が医療機関から回収されていること

すべての医療機関のIRB審議結果を待たなくても、PMDAへ治験終了届書を提出することができます。

理由は、治験計画届書に必要な項目は、至ってシンプルだからです。

下の図をご覧ください。

治験終了届には、治験実施医療機関ごとに、治験薬や治験機器の「使用数量・回収/廃棄等の数量・被験者数」を記載します。

治験の終了とは
被験者への対応が全て終了し、治験薬や医療機器の数量確認と回収または廃棄が完了した時を言います。

まとめ

今回は、下記の2点にフォーカスして、お伝えしました。

  • IRBへの治験終了報告のタイミング
  • PMDAへの治験終了届を提出するタイミング

また、治験終了に向けた取り組みについては、作業チームを結成しておくことがコツです。

綿密なスケジュールの元に治験終了作業を行わないと、数ヶ月はすぐに過ぎてしまいます。

治験を始める前に、治験終了までの過程を知っておくことで、いざ終了に向かった時に、慌てずにすみますね。

治験開始時の治験届に関しては、「医師主導治験における、治験届の作成を始める前に読んでおきたいこと」の記事に詳しく書いています。

治験に関する参考図書はこちらです。

\ SNSでシェアしよう! /

医師主導治験進め方のポイントや問題点に触れ、実体験を元に改善策を考えていくサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

医師主導治験進め方のポイントや問題点に触れ、実体験を元に改善策を考えていくサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
医療機器の臨床試験に関する相談(個人)

こちらは、医療機器の臨床試験に関する相談(個人)の申し込みページです


聞きたくても、今さら上司や同僚に聞けない疑問や、仕事上のミスを減らしたいが職場には相談しにくい、など人それぞれ違う悩みを持ち合わせています。

そこで、今回は、あなたが抱える困りごとを一緒に考えて良い結果を出していくための相談セッションを設けることにしました。

個別相談でできること



  • モニタリング報告書の添削

  • CRAとして企業に派遣される際の注意事項

  • 普段の仕事の相談

  • 今更上司に聞けないこと

  • コーチングセッション(月2回がベストです)

  • 安全性情報に関する取り扱い

  • 転職相談

  • 職場の悩み相談


本サービスの特徴



  • 1セッション30分

  • 1ヶ月に何度でも受けられます

  • 始めたい時にスタートし、いつでもやめられます

  • 定額支払いのため、回数を気にせず相談できます

  • 医療機器の臨床研究、特定臨床研究、医師主導治験、企業治験等の専門的な相談ができます

  • 社内で解決できないことに対する相談ができます

  • 格安でコーチングを受けられます

  • 転職や副業で給料upの秘訣をお話しできます


本サービスはこんな方に向いています



  • CRA

  • 転職希望者

  • コーチング希望者

  • 今さら聞けないことがある方 など


本サービスのメリット・デメリット


メリット



  • いつでも相談できるという安心感による効果

  • 今さら聞けないことを恥じることなく聞ける

  • 専門的な仕事の相談ができる

  • 必要な時に何度でも相談ができる

  • やめたい時に、いつでもやめられる

  • 同僚より知識が豊富になる

  • 予約枠が多いので予約が取りやすい

  • 最新の治験情報を聞ける


デメリット



  • 相談回数が少なくても金額が変わらない

  • 特殊な医療機器に関する質問なため対応が不十分


特典


初月無料は、人数を制限してスタートいたします。

残り3名になりました。

相談の流れ


基本的に予約にはLINEを使います。

セッションにはzoomを使います。

  1. 下記より申込み

  2. LINE登録

  3. お支払い

  4. セッション開始


※初月の引き落としはありません。2ヶ月目から自動でクレジットカード払いになります。

 
申し込む

ライター紹介 ライター一覧

崎久保準子

臨床研究/治験運営コンサルタント兼安全管理責任者
今までの自身の経験から、PMDAサイトをベースに治験に関する情報を提供しています。
過去の経験:企業治験6件・医師主導治験・製造販売後調査・安全管理責任者・薬事・品質管理・製造販売業許可/製造業登録業務・治験調整事務局・看護師国家資格・手術室・脳外科・心カテ/手術立会い・医療機器GCP・ISO14155

関連記事

  • 医師主導治験 GCPや通知等リンクまとめ

  • 医師主導治験の費用:補助金や企業からの資金提供を受ける際の注意点

  • 医師主導治験における、治験届の作成を始める前に読んでおきたいこと

  • 医師主導治験における問題点や課題に触れ、解決策について考える

  • 薬機法 令和2年8月31日付け通知一覧 令和2年9月1日施行

  • 医師主導治験の流れ・注意点をわかりやすく解説